山を旅する。権現岳登頂と青年小屋滞在!

八ヶ岳周辺の高山に残る雪の姿もそろそろ見納め。夏山シーズン到来ですね!

こんにちは、不動産営業部の伊藤です。先日、山旅に出かけてきました!

北杜市に移住したからには、登山をしよう!と思いつつ、山頂を目指すだけだと、ちょっと辛い・・・。何かご褒美を作ろう!
ということで、今回の目的は登頂ではなく、山小屋滞在♪
なので'登山'ではなくて、'山旅'なんです。

ご存知ですか?八ヶ岳には約25の山小屋があって、個性豊か!
今回はその一つ、「青年小屋」へ。(我が家に一番近い宿泊施設かも!? ※泉郷除く)
'遠い飲み屋'と書かれた赤提灯が灯る、知る人ぞ知る名物山小屋です。(我が家に一番近い赤提灯かも!? ※直線距離なら)

②IMG_20190608_192830.jpg

「青年小屋」は、網笠山と権現岳を結ぶルート上の鞍部に建っています。どちらの山も朝早く歩き始めれば日帰り圏内ですが、贅沢に1泊してしまう山旅です。

山小屋は、予約要。6月初旬の土曜。数日前に天候不良の天気予報が出て、予約は半分になり、3日前でしたが、無事予約できました。

普段は天気の良い日を選んで、いつでも登れるので、晴れていなくてもたまには良いかなぁという、八ヶ岳住民になっての余裕です(^^)。

さて、朝7:45に家を出発し、車で観音平(かんのんだいら。標高1,560m)の登山口へ。8:00には到着♪ここから、三ツ頭(みつがしら。標高2,580m)を経由して権現岳(ごんげんだけ。標高2,715m)を目指します。

ハルゼミの蝉しぐれ降り注ぐ森の中を散策しながら、徐々に標高を上げます。

③IMG_20190608_085010.jpg

稜線に出た頃には、霧と小雨、一時的な強風に見舞われましたが、無事13:20に権現岳山頂へ。
本来なら赤岳を始めとする、迫力ある山の景色が望めるようですが、真っ白・・・。
まぁ、これも山の表情の一つ。お陰で、山頂は誰もおらず、貸切状態でした。

④IMG_20190608_132006.jpg

権現岳にも「権現小屋」という山小屋があります。こちらで、コタツに入って珈琲タイム。一人で番をする若いお兄さんが豆から挽いた珈琲を出してくれます。
麓の北杜市に住んでいると伝えると、「どこか歯医者は知りませんか?日帰りで行ける所で」と尋ねられました。「歩きで」だそうです!
山を下りて更に歩いて行けそうな場所を、いくつか伝えましたが、本当に歩いていくようです(汗)

ここから「青年小屋」へは下り。くさり場もあり、へっぴり腰の私でしたが、何とか突破し、無事16時前には到着。(←かなりノンビリペースです)

⑤IMG_20190608_172503.jpg

その頃には空は晴れ渡って、通ってきた権現岳を小屋から望むことが出来ました。

⑥IMG_20190608_172725.jpg

「青年小屋」は、150人ほど泊まれる施設ですが、この日の宿泊者数は40名ほど。ツアー団体さんと、子供の登山サークルのグループが居て、少数グループはわずか。3人で一部屋利用でき、快適でした。一方、外にはテントスペースもあり、こちらは学生の団体さんもいて、賑やかでした。

チェックインでは、水場は歩いて5分の森の中にあること、トイレのこと、消灯時間などの説明を受けます。建物は昭和36年築ということもあり、中々年季が入って味があります。不便は承知の山の上ですが、増築されたトイレスペースが、木の香り漂うすごくキレイな空間だったのは、正直に嬉しかったです。(混雑時は時間制限あり)

食事は早めの17:30。山の上とは思えない、温かくて豊かな食材が並び感動です!登山サークルの小学生の子が「ここの食事は一番美味しい」と語るのも納得です(どれだけ山小屋体験しているのかしら??)。

⑦IMG_20190608_173706.jpg

食事が済む頃には、昼間の天候が嘘のように雲は晴れ、皆、山小屋から出て、夕日を見に行ったり、コーヒー片手に山の話に花を咲かせたり。
私も、ゴロゴロとした大きな岩に座って、北アルプスへと沈みゆく太陽を眺めながら、時折、周りにいる初対面の方達とお喋りして、夕暮れ時を満喫しました。

⑧IMG_20190608_185346.jpg


山小屋の消灯時間は21:00。この日は、山小屋のご主人、竹内敬一さんが居る日なので、噂のギターが聞きたいと、同室の女性とお願いしたところ、特別に食堂を開け、ギターを聞かせてくださいました。
小屋のこだわりのお酒は、東北地方の日本酒が中心で、珍しいものばかり。それを片手に、奥様お手製のおつまみをいただきながら、若いスタッフ達も交えてお喋り。
そして気づけば時間は23:00。朝食は5:30というのに、わがままに応えて頂き、楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました!

翌朝はもう下るだけ。9:30には観音平に到着し、温泉入って帰宅です。

こんな山旅の休日いかがですか?
今後も楽しい八ヶ岳ライフを伝えていきまーす!

------------------------

セラヴィリゾート泉郷は、 八ヶ岳・安曇野を中心とした分譲地開発・不動産販売・建築等を通して、安心快適な別荘・リゾート移住をご提案しています。


〔RESORT LIFE リゾートライフ〕泉郷の不動産総合サイト
 https://www.resortlife.jp/

〔八ヶ岳スタイルWEB〕八ヶ岳ライフ実践者の声満載♪ 
 https://www.resortlife.jp/yatsugatakestyle/

〔泉郷の不動産facebook〕 フェイスブックはこちら。
 https://www.facebook.com/bessou.resortlife


------------------------