木枯らしぴいぷう みんなで薪割り!!【薪ストーブ体験会】

こんにちは、そして初めまして!
今年4月に入社、6月に不動産営業部へ配属となりました上條です。

今年度泉郷ファームにご参加いただいたお客様とは、何度かお会いしたことがあるのですが、ご挨拶するのはこれが初めてです!

泉郷1年生、至らぬ点ばかりでお客様から学ぶことも多いかと思いますが、早く一人前になれるよう頑張ります。
どうぞよろしくお願いします^^

082-01.jpg

同期入社の福田も一緒に。(左:上條、右:福田)

秋が終わり次第に寒くなってきたため、お客様から薪ストーブ付き物件のお問い合わせも増えてきました。
「物件は分かるけど、薪ストーブの説明は出来ない...」と言うことで、入社後初めての薪ストーブイベントに自分の勉強も兼ねて参加しました。
今回は、その様子をレポートしたいと思います。
どうぞ最後までお付き合いください。

--------------------------------------------------


今回のイベントは、'薪ストーブのスペシャリスト'株式会社ディーエルディーの塩谷さんと管理栄養士の木村さんにご協力いただき、薪ストーブの使い方や選び方から、薪割り体験やピザ作りまで、2日間で12組20名の皆さまに体験していただきました。
ありがとうございます!

082-02.JPG


さて、今回ご参加いただいたお客様の中には初めて薪ストーブに触る方から、既に薪ストーブユーザーという方もいらっしゃいました。

皆さん、塩谷さんの講習が始まると、
「薪の消費が早いのですが、大丈夫ですか?」、
「今までやってきた薪ストーブの扱い方は合っていますか?」
「誰でも簡単に薪割りはできますか?」などなど。

次から次へと質問が飛び交いましたが、塩谷さんは一つひとつの質問に丁寧に答えてくださり、皆さんもご納得の様子でした。

082-03.JPG


もちろん私は今回初めて薪ストーブに触れたので、どの作業もとても新鮮で、お客様と一緒にこのイベントを楽しんでしまいました。

それでは当日の体験内容に移ります!

----- 薪割り体験 ----------

082-04.JPG

まずはエンジンの力で薪を割る「薪割り機」。
なんと8トンもの力で薪を割っていきます。

082-05.JPG

082-06.JPG


レバーを倒すと節のある大きな丸太がミシミシと音を立てて裂けていきました!
女性でも簡単に薪割りができ、体験したお客様の中には、真剣に導入を検討している様子の方もいらっしゃいました。

082-07.JPG


そして割った薪からはいい香りがしました。
ウイスキーで使われている樽の香りと同じなのだとか。(ナラの木)

--------------------------------------------------

次に、斧を使った薪割りです。
今回は洋斧を使ったのですが、斧には和斧と洋斧があり、それぞれ割り方に違いがあるそうです。
・和斧:刃の鋭さで薪を割る
・洋斧:斧の重さで薪を割る

082-08.JPG


斧もそれぞれ重さが違いますが、奥のものはハンマーが付いていて3キロもあるそうです。
重さに負けないように、体を鍛えないといけませんね。

そして、まずは塩谷さんから斧を使った薪割りのコツを教わりました。

082-09.JPG


1、薪と斧の間合いを取る 。
 ※斧により柄の長さが変わるため要確認です。

2、足を肩幅より少しだけ広げ、斧の刃先が届く間合いから半歩下がる。

3、丸太の芯よりも手前を狙いましょう。

4、斧を振り上げ、振り降ろすときはとにかく無心に!
 ※このとき邪念を捨てることがポイントです!!

それでは、いざ薪割り!!!

082-10.JPG

082-11.JPG

082-12.JPG

082-13.JPG

皆さん、しっかりと丸太に斧が当たっています。
普段薪割りをされている方や、今回初めての方、そして女性の方も!
薪を割ることが出来ました!
--------------------------------------------------
Point!
木は根から幹に向けて、↑上向き↑に繊維が入っています。
そのため薪を割る際は、根から刃を入れるほうが割りやすいそうです。
丸太の根側を上にして薪割りをしましょう。
--------------------------------------------------


----- ピザ作り、西洋風おでんの試食会 ----------

薪割りの後は、木村さんに準備していただいた「薪ストーブで調理をした料理」をいただきました!

082-14.JPG

ピザ生地を伸ばし、好みのトッピングを好きなだけ乗せます。

082-15.JPG

美味しそうな焼き上がり。
オーブン付きの薪ストーブで焼き上げました!
焼き立てはふわふわ熱々で美味しかったです^^

続いては西洋風おでん。

082-16.JPG


コンソメで味付けをした、だしの中に大根、ジャガイモ、卵、こんにゃくを入れ、薪ストーブの上で温め、それぞれソースをかけて、いただきました!

 大根:ホワイトソース/ポルチーニ
 ジャガイモ:バジルソース
 卵:アンチョビ/マヨネーズ/にんにく
 こんにゃく:ミートソース/赤味噌/粉チーズ

個人的には、アンチョビマヨネーズがとても好みです。
これからのおでんをするときは、からしだけでなくおしゃれソースにも挑戦したいです。

082-17.JPG


皆さん、料理を召し上がりながら薪ストーブの説明を受けています。

--------------------------------------------------

そこで質問集を少しだけ。

--------------------------------------------------

Question!

1、薪割りの時期は?
 →秋に伐採した木を、冬に割り乾燥させるのが理想的。
  春頃の伐採だと、養分や水分を多く含んでいるようです。
◎そして薪の乾燥は丸太ではなく、割ってから行ったほうがいい!
 先に乾燥させてしまうと、丸太が硬くなり、割りにくくなって腰を痛めてしまいます(笑)

2、薪が扇型をしている理由は?
  →木の水分がよく抜けるから!!積んだときに隙間ができて風通しも良いです。

3、1シーズンで使用する薪はどのくらい?
 →毎日火を絶やさずに使用するなら大体、軽トラック8杯分!
 (10月~4月薪ストーブ使用の場合)
  およそ400束は必要だそう。正確には薪の単位は束(たば)でなく、400タガと言うそうです。(タガ=薪を束ねている針金のこと)

4、では、1日当たりだと?
 →平均3束半は使います。1本およそ1時間で燃えます。

5、薪の干し方は?
 →天日と風に当てること、また雨に濡れることよりも、
  地面の湿気を吸ってしまうから、20~30センチは地面から離すと良いそうです。
◎別荘のデッキ下の保管もあまりよくない!
 保管する場合は、建物の基礎から離して置くことが薪を腐らせない秘訣。

6、薪の干す期間は?
 →ナラ:1年半くらい
  アカマツ、カラマツ:約8~10ヶ月
  木の種類によって、干す期間も変わるみたいです。

7、薪ストーブの選び方は?
 →住む家の大きさにあったものを選ぶといいそうです。
  大きいストーブに憧れて買ったは良いものの、薪の消費量が多いなど、大変なことも多いようです。

--------------------------------------------------

今回のイベントに出てみて、将来薪ストーブが家にあったらな~と
ちょっとした夢を抱いてしまいました(笑)

薪ストーブはいわゆる'ペットの様な存在'ですので、飽きることなくじっくりお世話をしてあげることが大事だそうです。
薪割りを楽しみ、火付けを楽しみ、火を眺めることを楽しむ。
オマケに料理も楽しめる!

そんな生活を豊かにしてくれる薪ストーブを自宅に入れることを考えてみてもいいかもしれません。

082-18.JPG


実際に別の物件でも午前中に火付けをし、時間を置いてまた午後にその物件へ行ったところ、家中ぽかぽかで、上着を着ていると暑いくらいでした。
石油ストーブだけだとその周りだけが暖かくその場に集まってしまいますが、薪ストーブは遠赤外線の効果で部屋のどこにいても暖かくなるのが魅力だと感じました。

今回の私の記事を見て、もし、ちょっとでもいいなと思っていただけたら、ぜひ八ヶ岳にお越しください!
薪ストーブ付きの物件を多数ご用意していますので、ご案内いたします!!!

--------------------------------------------------

そして今回の薪ストーブのイベント会場は、大きな丸太の梁が魅力的な物件です!
こちらのご案内も受け付けておりますので、ぜひご覧下さい!!

▼NO.17-000052
https://www.resortlife.jp/list/detail/a001000000PL60TAAT


--------------------------------------------------

それでは最後に、スタッフの薪割り写真を、、、

082-19.JPG


尾崎先輩、薪の真ん中にぱっかーんと見事命中!!

082-20.JPG

同期の福田は空振りしました。邪念が入ったかな?

082-21.JPG

そして私、腰が引けています。怖い怖い。

--------------------------------------------------

また、このような機会には、
皆さんと一緒に楽しめたらと思います!
どうぞこれからもよろしくお願いします^^


上條

――――――――――――――――――――――――

★Twitterのご紹介

八ヶ岳の日常やお天気、不動産情報などをツイートしております。

https://twitter.com/izumigo_fudosan


★Facebookのご紹介

不動産情報、イベント情報などをお知らせしております。

https://www.facebook.com/bessou.resortlife

★Instagramのご紹介

八ヶ岳の風景をお届けしております。

https://www.instagram.com/izumigo_fudosan