ページ内を移動するためのリンクです。

八ヶ岳スタイルWEB。八ヶ岳・北杜市・山梨の別荘ライフは泉郷

暮らす人の声

東京生活をリセットする癒やしの時間

東京生活をリセットする癒やしの時間

田口正寛さん・弥紀(みき)さん夫妻

「いつかは田舎で暮らしたい」そんな夢を描いていた田口さん夫妻に転機が訪れたのは、2015年のこと。軽い気持ちで訪れた八ヶ岳でそのロケーションに一目惚れ。現在はほとんどの週末を八ヶ岳で過ごすという夫妻に、その魅力について伺った。

東京都大田区在住。46歳の正寛さんはメーカー勤務で総務・経理を担当。一方、43歳の弥紀さんは人材関連の仕事に従事。2015年に別荘用の土地を購入し、翌年4月に建物が完成。現在は毎週のように八ヶ岳に通い続けている。

大学時代から温めていた憧れの田舎暮らし

カウンター付きのキッチンは、食事の時間もリビングで寛ぐ時間も、ゲストとの会話が弾むポジションになる。

「実は、新車の購入を諦めたのがきっかけでした」。2016年4月、『セラヴィリゾート泉郷』に別荘を建てた田口正寛さん・弥紀さん夫妻は、意外な理由を明かしてくれた。
 大学時代、夏休みに宿泊した小淵沢のペンションが気に入り、「老後はこんな場所で住みたい」と密かに夢を温めていた弥紀さん。ある時、自宅に届いた『泉郷』の案内を、「いつか実現するかも」と、結婚後も住所変更して取り寄せていた。そして、新車購入を断念した正寛さんが、その案内をふと目にする。「別荘地の金額が新車とほぼ同じ。それなら土地を買うのもありかなと」。2015年1月、土地を見るだけでもと見学に訪れた夫妻は、「ロケーションがよい」と聞いた高台の土地に向かう。そして、この場所に一目惚れ。「ここからの富士山が神々しいんです」と弥紀さんが言えば、正寛さんも「甲斐駒ヶ岳の姿も素晴らしい」と言葉を繋ぐ。そして2016年4月、この土地に念願の別荘を完成させた。

金曜の夜に車を走らせ毎週末を八ヶ岳で過ごす

デッキからは絶景の南アルプスを一望。薪を割る作業も、美しい自然に囲まれた八ヶ岳なら贅沢な時間に感じられる。

金曜日の夜、仕事を終えた2人は自宅を出る。中央道を走ること約2時間。「お互いに東京出身ですし、繋がりを断ち切りたいわけではない。この距離感がちょうどいいんです」と弥紀さんは口にする。八ヶ岳での週末は、のんびり家で過ごすことが多いそう。日曜日には「帰りたくない」と思うこともしばしば。「東京との違いは睡眠の深さ。熟睡した感じがわかります」と正寛さん。朝は柔らかな日差しと鳥のさえずりで目を覚ますという。近くで購入する野菜はどれも新鮮で、簡単な味付けだけでも美味しい。「お気に入りは分厚い椎茸。焼いて塩を振るだけでご馳走ですよ」と弥紀さん。昨年秋には、天気のよい日を選んで編笠山を2人で登頂した。「山が近くにありますから、朝の天気を確認した上で気軽に登れます。別荘ならではの醍醐味ですよね」と正寛さんは話す。

20代から趣味で山岳写真を撮り続ける正寛さんは、撮影機材をのんびりとお手入れ。弥紀さんはミル挽き珈琲を淹れ、その香りをじっくり楽しむ。八ヶ岳の水で淹れた一杯は、格別の味わいだ。

別荘をベースにして趣味の山登りを謳歌
昨年は編笠山を登頂するなど、別荘を起点に2人で山登りを楽しむ田口さん夫妻。山岳写真の撮影にも、より手軽に出かけられるようになった。

『八ヶ岳スタイル』とは?

セラヴィリゾート泉郷が発信する「快適な八ヶ岳ライフを実現するための地域情報誌」です!

八ヶ岳南麓(北杜市)で別荘・二地域居住・移住を叶えた方達の、そのプロセスや、現在の過ごし方などをお伝えするインタビューをはじめ、観光では気づきにくい地元情報やイベント・お店情報なども満載。 分譲地管理のページでは、豊かな自然の中ならではの困りごとの対処法や豊かな四季の暮らしを謳歌するために役立つ、多くのヒントをお届けしています。