ページ内を移動するためのリンクです。

八ヶ岳スタイルWEB。八ヶ岳・北杜市・山梨の別荘ライフは泉郷

暮らす人の声

世界で暮らしてきても、やっぱり八ヶ岳が良い。八ヶ岳スタイル27号

世界で暮らしてきても、やっぱり八ヶ岳が良い。八ヶ岳スタイル27号

自然。

p5_1.jpg

フィンランドパイン(松)のログ壁に癒される室内。貸別荘ということもあり、インテリアは極めてシンプルだが、味わい深さを増してきた無垢財の魅力が一層引き立つ。

「建物は使わないとだめになるでしょ。その点、貸別荘だと定期的な点検も含め継続的に利用してもらった方が設備も壊れないし、調子もいい。それに、維持管理費くらいは家賃でまかなえるから、別荘を持つならこの方法が良いって、私たちもごく自然に貸し別荘を選択しましたね。」 前の12年経った現在でも、無垢の木の優しさを感じるログハウスは、宿泊客にもとても人気が高い。それだけに、先約が入っているとまれに自分たちで使えないこともあるが、そんな時は他の別荘を紹介してもらう。 「だから夏のトップシーズンだからといって断られたことは無いですね。私たちは、別荘にというより八ヶ岳に来られたら良いので、その点はあまり気にしません。ルールだと割り切っていますから。」

p5_2.jpg

緩やかな南面傾斜地に建ち、2階のリビングからは木々の緑を楽しめる。森の静けさと、時折響く鳥の声。高原の澄んだ空気が満喫できる。

お客様も、今は賑やかに過ごすグループ客よりも個人の方が多く、きれいに使っていただいているという。「でも正直、新築して間もないころに、床にシミが出来ていた時はショックで、貸別荘を止めようかと一瞬よぎりましたよ。今ではなれましたけどね。」とご主人は苦笑いをする。 「ただ、それを補って余りあるメリットが貸別荘には、あると思っています。父の時代に一年だけ個人利用にした時に、木が傷むのが早く、通風の大事さを痛感したんです。とにかく閉め切りは、家にとって最もよくないですよね。」肩ひじ張らない別荘所有で、二世代に渡り別荘ライフを楽しむ文岡様。 定年後は順調に移住へと突き進むかと思われたが、何事も予定通り、とはいかないのである。

自然。

の場所に土もあったが、貸別荘にすることを前提に、決断に踏み切った。

p5_1.jpg

フィンランドパイン(松)のログ壁に癒される室内。貸別荘ということもあり、インテリアは極めてシンプルだが、味わい深さを増してきた無垢財の魅力が一層引き立つ。

「建物は使わないとだめになるでしょ。その点、貸別荘だと定期的な点検も含め継続的に利用してもらった方が設備も壊れないし、調子もいい。それに、維持管理費くらいは家賃でまかなえるから、別荘を持つならこの方法が良いって、私たちもごく自然に貸し別荘を選択しましたね。」 前の12年経った現在でも、無垢の木の優しさを感じるログハウスは、宿泊客にもとても人気が高い。それだけに、先約が入っているとまれに自分たちで使えないこともあるが、そんな時は他の別荘を紹介してもらう。 「だから夏のトップシーズンだからといって断られたことは無いですね。私たちは、別荘にというより八ヶ岳に来られたら良いので、その点はあまり気にしません。ルールだと割り切っていますから。」

p5_2.jpg

緩やかな南面傾斜地に建ち、2階のリビングからは木々の緑を楽しめる。森の静けさと、時折響く鳥の声。高原の澄んだ空気が満喫できる。

お客様も、今は賑やかに過ごすグループ客よりも個人の方が多く、きれいに使っていただいているという。「でも正直、新築して間もないころに、床にシミが出来ていた時はショックで、貸別荘を止めようかと一瞬よぎりましたよ。今ではなれましたけどね。」とご主人は苦笑いをする。 「ただ、それを補って余りあるメリットが貸別荘には、あると思っています。父の時代に一年だけ個人利用にした時に、木が傷むのが早く、通風の大事さを痛感したんです。とにかく閉め切りは、家にとって最もよくないですよね。」肩ひじ張らない別荘所有で、二世代に渡り別荘ライフを楽しむ文岡様。 定年後は順調に移住へと突き進むかと思われたが、何事も予定通り、とはいかないのである。



(この記事は2014年のインタビューです)


『八ヶ岳スタイル』とは?

セラヴィリゾート泉郷が発信する「快適な八ヶ岳ライフを実現するための地域情報誌」です!

八ヶ岳南麓(北杜市)で別荘・二地域居住・移住を叶えた方達の、そのプロセスや、現在の過ごし方などをお伝えするインタビューをはじめ、観光では気づきにくい地元情報やイベント・お店情報なども満載。 分譲地管理のページでは、豊かな自然の中ならではの困りごとの対処法や豊かな四季の暮らしを謳歌するために役立つ、多くのヒントをお届けしています。