ページ内を移動するためのリンクです。

八ヶ岳スタイルWEB。八ヶ岳・北杜市・山梨の別荘ライフは泉郷

暮らす人の声

世界で暮らしてきても、やっぱり八ヶ岳が良い。八ヶ岳スタイル27号

世界で暮らしてきても、やっぱり八ヶ岳が良い。八ヶ岳スタイル27号

実は、挫折も経験。

「主人は定年後、何をしようかずいぶん悩んだみたいです。しばらくはいつも私の後をついて来ていました。お稽古なんかにもね。周りは女性ばかりで退屈だったでしょうが、何か見つけようと必死だったのではないかなって思います。」 しかし、それも半年もすると飽きてきて、突然点字翻訳の勉強を始めたりしたこともあったという。また、移住計画に弾みをつけようと、林業の手伝いができる園芸師アシスタントの講座にも挑戦した。 「ところが20名募集の講座に100人以上の方が受講していましてね。体力てすとがあったんですが片足で10秒間立つだけのバランステストで落ちちゃって。実は前の晩ちょっと飲み過ぎちゃったんですけどね(笑)。」 それで林業サポート移住計画はいったん諦め、まずはもう一度体力をしっかり鍛え直そうと考えている時、東京で「居合道」に出会った。思いがけず、すっかりハマり、基礎体力もついてきたという。 東京で好きなことを見つけ、また八ヶ岳移住が少し遠のいたようだが、ご主人の想いは変わる事は無い。

ご主人

ご主人
居合道に出会ったのは、飲み屋でのこと。人生、いつどこでどんな出会いがあり、何がきっかけになるかわからない。自分にぴったりの趣味を探し当てた嗅覚は、長い海外生活で身に付いた特技なのかもしれない。

奥様

奥様
意外と抵抗もなく海外生活に馴染んだ奥様。実は「新宿の母」の占いで「あなたは海外にいくチャンスがある」と言われたことを取材の日に思い出し、ご主人もビックリ。

近いうちに移住しますよ。一人でもね。

ご夫妻

今はとてもほがらかにお話するお二人だが、ご主人は長い間海外での単身赴任では厳しい仕事と向き合ってきたのだろう思われる。だからこそ、これから二人の時間を大切にしたいと考えている。

「八ヶ岳は、空気が違う。ゆったりしている。」と語る。移住ともなれば、他の地域と比較をしたのかと思えば、「私は色々探し回ったり調べ回るタイプではないんです。良いものは良い。それで十分でしょ。」とのご主人の八ヶ岳への惚れ込みようだ。 一方、東京で家庭を守ってきた奥様は、自分の趣味や友人関係も大事に続けていきたいと考えており、八ヶ岳は好きだが、移住までは考えていないという。長い単身赴任の経験から、ご主人が一人でも自立して暮らせるとの信頼感もあり、ご主人の一人移住にも肯定的だ。 実は、数年前に二人して大きな病気を経験してから考え方も少し変わったという。 「とにかく楽しもうって。時間をかけてお気に入りを選んだり、美味しいものにこだわったり。早さばかりを求める現代の生活を抜け出せる八ヶ岳の時間を、より大切にしたいと思うようにもなりましたね。」 「家に居る時間は少なくても、主人の存在は私たち家族にはとても大きかったですから。特に二人の子どもたちはこんな父親を見て育ってきて、今でもすごく尊敬しています。だから、これからも自分らしく居てくれればいいと思います。」 お互いが「自分の時間」を持つことの大切さを知り、そのための「自由さ」をお互いに尊重している様子が伝わってくる言葉である。 深い信頼感の下に、縛り過ぎず、自立し合うという夫婦像を見せてくれた文岡様ご夫婦。いずれ生活の拠点は分かれても、二人で八ヶ岳の時間を過ごす時、きっと人生の喜びの笑顔を見せてくれることだろう。

kashibesso.png

貸別荘についての詳細はこちらへ



(この記事は2014年のインタビューです)


「八ヶ岳スタイル」とは?

セラヴィリゾート泉郷が発信する「快適な八ヶ岳ライフを実現するための地域情報誌」です!

八ヶ岳南麓(北杜市)で別荘・二地域居住・移住を叶えた方達の、そのプロセスや、現在の過ごし方などをお伝えするインタビューをはじめ、観光では気づきにくい地元情報やイベント・お店情報なども満載。 分譲地管理のページでは、豊かな自然の中ならではの困りごとの対処法や豊かな四季の暮らしを謳歌するために役立つ、多くのヒントをお届けしています。