ページ内を移動するためのリンクです。

八ヶ岳スタイルWEB。八ヶ岳・北杜市・山梨の別荘ライフは泉郷

暮らす人の声

野鳥の森のすぐ隣りに見つけた、二人のサンクチュアリー。八ヶ岳スタイル26号

野鳥の森のすぐ隣りに見つけた、二人のサンクチュアリー。八ヶ岳スタイル26号

初詣のおみくじで家づくり

掘りごたつから観察

東の窓から森を眺める冬の朝。
暖かなお茶を飲みながら、堀ごたつで、ぬくぬく観察。

「まさか、おみくじに家づくりを後押しされるとは思ってもいませんでしたけどね。でも、そんなもんですよ、きっと。何かのきっかけがあれば、人生は面白く変わっていくんです。それに気がつくかどうかじゃないかな。」
心が決まると計画は一気に進み、家造りは奥様の意見を中心に具体化していった。
「内装は木の香りのする家にしたかったので、パイン材で仕上げて、1階の雰囲気は無垢のログハウスのように。」
キッチンも広くとり、煮物にもってこいの薪ストーブもキッチン近くに設置。
「定年後って、家の中にいる時間が多くなるじゃないですか。だから、居心地のいい家にしたかったというのがポイントかな。」

ロールスクリーン

遊び心がコソッと顔をのぞかせるロールスクリーン。まるで電球がそこにあるよう。
下げた時だけ気づく趣向に、心が和む。

特等席は和室。隣りの森がよく見えるようにと、東南の角に小上がりの和室を作って窓を配置し、堀りごたつも整えた。
「冬、あったかいこたつに入りながら野鳥や流星群を見るっていいでしょ。」
夏は広めにとった屋根付きのテラスから観察。森を飛び交う鳥たちの姿を身近に見ることができる、まさに二人だけのサンクチュアリーだ。

とにかく、八ヶ岳の暮らしは毎日が忙しい。

「よく定年後は何をするんだろう?とか言うけど、探せば右も左も面白そうなことばかり。ここでは季節ごとに自然の表情が違って、本当に楽しくて毎日が忙しい。知らない道を歩くだけでも新しい発見があるし、鳥がいない時は蝶を探し、トンボや草花の観察だって面白い。図鑑を見ながら、きのこや山菜を探して歩くのは、美味しいってオマケまであって。まさに大人の遊びの宝庫ですよ。」

天体望遠鏡

天体望遠鏡は、奥様のご趣味の星観察用。

今は横浜で自然観察指導員として活動しているご主人。これもバードウォッチングがきっかけで入った世界。八ヶ岳に移住しても同じような活動もできそうなので、鳥を通じて多くの人とのネットワークができ、趣味が仕事に結びつきそうだ。
「いつの間にか遊びがそのまま仕事になって、思いがけず趣味に縁深いこの地で自然を満喫できて...。夢を実現させるコツですか?何とかなる、って考えかな。緻密に考えるのは苦手。予定は未定。その時になって考えればいい。その時にならないと本当のことって分からない。一年の計は元旦にありって言うけど、3日もたてば忘れちゃうし、変わっちゃうでしょ。人生もそんなもんですよ。」
人生を自由に心豊かに楽しむお二人。3年後はまた違う生活が待っていそうだ。その時にお会いするのが楽しみだ。

◆バードウォッチング初心者へ

豊自然かな八ヶ岳南麓では、横浜と比べると種類はそれほど変わらないけど、圧倒的に鳥の数が多いです。冬はアトリ、シメ、カシラダカ、たまにベニマシコ、オオマシコ、夏にはキビタキ、サンショウクイ、クロツグミ、通年でイカル、アオゲラ、アカゲラなど。姿を見つけたかったら、木々が葉を落とす冬の季節が一番。時間帯は、鳥たちが、お腹を空かせている朝。そして日暮れ前、雨上りなどに動きを活発化させます。春や夏には声を楽しむと良いですよ。求愛の時期なので、賑やかです。特に声が良くて姿も美しいキビタキは、夏に楽しめるので是非探してみて下さい。

バードケーキ

奥様が作る鳥へのごちそう。
小麦粉、マーガリン、お砂糖で作れます。お手製のバードケーキで、鳥達をお招きしてみては?

双眼鏡

現在、ご主人ご愛用の双眼鏡はレンズとカメラの名門、ライカ。
他社製とも比較したが、中を覗いた時の感覚が気に入ったそう。

本

ガイド本は、常に傍に。
ハンディサイズの大きさだと、散策の時も携帯しやすい。

(この記事は2014年のインタビューです)


「八ヶ岳スタイル34号」2016年4月に発行いたしました!
ご購読をご希望の方は、こちらへ

「八ヶ岳スタイル」とは?

セラヴィリゾート泉郷が発信する「快適な八ヶ岳ライフを実現するための地域情報誌」です!

八ヶ岳南麓(北杜市)で別荘・二地域居住・移住を叶えた方達の、そのプロセスや、現在の過ごし方などをお伝えするインタビューをはじめ、観光では気づきにくい地元情報やイベント・お店情報なども満載。 分譲地管理のページでは、豊かな自然の中ならではの困りごとの対処法や豊かな四季の暮らしを謳歌するために役立つ、多くのヒントをお届けしています。