ページ内を移動するためのリンクです。

八ヶ岳スタイルWEB。八ヶ岳・北杜市・山梨の別荘ライフは泉郷

暮らす人の声

アメリカ・オレゴンの 「サンリバーリゾート」から学んだ、リゾートスタイル。八ヶ岳スタイル12号

アメリカ・オレゴンの   「サンリバーリゾート」から学んだ、リゾートスタイル。八ヶ岳スタイル12号

八ヶ岳スタイル12号 武田正明・和子様ご夫妻。

日本を代表するバンカーとしてニューヨークやシカゴに9年間の駐在経験があり、さらに中東などへの出張経験も多く、まさに世界を駆け巡ってきた元ビジネスマンの武田さん。「定年後は自然の豊かなところで時間を過ごしたい」という思いが昨年の夏、ついに実現。まだ八ヶ岳生活1年のビギナーだが、はやくも八ヶ岳のディープなところに目覚め、第二の人生の楽しみを満喫されている。「じっとしていられないんですよ、うちの人は。」と奥様の笑顔も素敵だ。

初めての別荘は、アメリカのオレゴンで。

「もちろんあちこちの別荘地を見て回りました。自宅のある東京(渋谷)からのアクセスのよさ。豊かな自然ももちろん大きなポイントでしたが、管理のシステムが一番しっかりしていたのが、ここ泉郷だったんですよ。」

絵画

写真や絵画も楽しみのひとつ。額に入った油絵は、八ヶ岳から清里方面に向かう途中にある吐竜の滝」。
ご自身で撮影された写真を見ながら渋谷の自宅で描いたもの。

武田さんは50歳代前半、シカゴに赴任していたとき、オレゴン州に別荘を購入した経験がある。オレゴンと言えば、住人の数よりも熊や鹿などの動物の数のほうが多いと言われるくらい、自然豊かな西海岸北部の州。映画「スタンド・バイ・ミー」の舞台にもなった北西部の街は、シカゴから飛行機で3時間くらいの旅になる。もちろん雄大な自然の魅力もさることながら、武田さんが一番納得したのは、アメリカならではの合理的な別荘地の管理システムだったという。
「実は今でも所有していますが、毎月管理レポートが届くんですよ。建物の管理はもちろん、利用者への貸し出し状況も。メンテナンスの費用にどれだけかかったとか。500ドル以上かかるときはメールが来ますから、すぐに返事をするんです。そうするときちんと対応してくれる。我々オーナーもある程度の経費はかかりますが、投資した以上の収益が必ず生まれるように運用してくれるので、安心して任せていられます。」
今でも1年に1回はオレゴンの別荘へ行き、10日間くらいは滞在する生活を送っているという。

「八ヶ岳スタイル」とは?

セラヴィリゾート泉郷が発信する「快適な八ヶ岳ライフを実現するための地域情報誌」です!

八ヶ岳南麓(北杜市)で別荘・二地域居住・移住を叶えた方達の、そのプロセスや、現在の過ごし方などをお伝えするインタビューをはじめ、観光では気づきにくい地元情報やイベント・お店情報なども満載。 分譲地管理のページでは、豊かな自然の中ならではの困りごとの対処法や豊かな四季の暮らしを謳歌するために役立つ、多くのヒントをお届けしています。