ページ内を移動するためのリンクです。

八ヶ岳スタイルWEB。八ヶ岳・北杜市・山梨の別荘ライフは泉郷

暮らす人の声

別荘に求めたのは自然から得られる安らぎ ―久野様の八ヶ岳暮らし―

別荘に求めたのは自然から得られる安らぎ ―久野様の八ヶ岳暮らし―

陽当たりの良い南麓に、なぜ北向きのリビング??

別荘

南の開口の少なさをトップライトを設けることで、室内の明るさをカバー。おかげで夏の直射も、柔らかい日差しに変わるという好結果になった。

横浜市にお住まいの久野さんが別荘を建てたのは昨年の春。 ご夫婦とも忙しいお仕事をされる中、八ヶ岳の別荘に求めたものはまさに自然から得られる安らぎ。
「森を眺めながらすごしたいと思って決めた土地をどう活かしたらいいか、悩んでいたんです。 そうしたら設計士の外村さんが「京都の家には中庭を眺めるという発想があります。 花たちは日差しをいっぱいに受けようと、南に向かって咲くでしょう」とヒントをくれました。
普通、建物は敷地に対して、できるだけ北に置き、リビングは南に向けて日差しを入れるというのが定番。 それを逆に建物を南に寄せてリビングの開口を北向きに。せっかく咲いた花たちの美しい姿を家の中からでも眺められるようにと言うわけだ。

久野様愛犬チャッピー

久野様邸外観と愛犬チャッピー

「外村さんも最初、水まわりを普通で言うところの一等地、南に置いて、と言うところまでは考えていなかったようです。 何度も図面を書いてもらって最後にたどり 着いたのがこの家です。 傾斜を利用してガレージの上を屋根代わりのテラスにするなど、苦労の甲斐が実った自慢の家になりました」
別荘ではほとんどの時間を庭いじりやテラスで過ごす久野さん 「玄関はもちろんキッチンまわりも、 ポーチもテラスも土足のままでいいようになっているんです。
お昼やお茶の時間もいちいち靴を履き替えなくてもOK。 天気の良い日はテラスにバーベキューコンロを持ち出して、二人だけのビアパーティ。
気持ちがいいので星を眺めながら夜中までここで過ごすこともあるんですよ」と、 別荘での時間を想いどおりに手にすることができたお二人は、週末の八ヶ岳行きを楽しみに、お仕事にも精が出るとお話しいただきました。

間取り図
配置図

(この記事は2006年のインタビューです)

「八ヶ岳スタイル」とは?

セラヴィリゾート泉郷が発信する「快適な八ヶ岳ライフを実現するための地域情報誌」です!

八ヶ岳南麓(北杜市)で別荘・二地域居住・移住を叶えた方達の、そのプロセスや、現在の過ごし方などをお伝えするインタビューをはじめ、観光では気づきにくい地元情報やイベント・お店情報なども満載。 分譲地管理のページでは、豊かな自然の中ならではの困りごとの対処法や豊かな四季の暮らしを謳歌するために役立つ、多くのヒントをお届けしています。