ページ内を移動するためのリンクです。

八ヶ岳スタイルWEB。八ヶ岳・北杜市・山梨の別荘ライフは泉郷

暮らす人の声

旅行とは違う。週末別荘は別世界への入り口。 ―O様の八ヶ岳暮らし―

旅行とは違う。週末別荘は別世界への入り口。 ―O様の八ヶ岳暮らし―

非日常を形にした理想の住まい、要望はすべて実現出来ました

担当営業とご家族

担当営業の清水主任とご家族。コーギーのウェンディも家族の一員。お子さんは5年生の裕大君と双子の裕生君、妹の紗椰佳さん

八王子市に住むOさんは裕大君と裕生君、妹の紗椰佳さんの3人のお子さんを持つ5人家族。 泉郷Ⅱ期にホンカ・ログホームで別荘を新築されて4ヶ月たちました。 「別荘を持とうと思ったのは蓼科にある友人の別荘に泊まったのがきっかけです。
普段、家族旅行では旅館やホテルに泊まっていましたが、子供が小さい事もあり、別荘がこんなに楽で快適なことを始めて知りました」 それから本で情報収集。かなりの知識を得てから問い合わせをされたようです。「夏には泉郷の貸別荘にも泊まり、 問い合わせをした段階ではもう買うつもりでいました」と言うのはご主人。
「主人は決断すると早いんです。家を作るときだけは家相にこだわり、建築時期を少し待ちましたが、逆にじっくり考える時間ができ、気に入った家が出来ました」 「設計士の外村さんに色々注文し、やりづらかったと思いますが、思ったことはすべて実現でき、今は本当に自分の家という気がします」 お二人のこだわりは"非日常"。

別荘

比較的に高い場所にあり、北側隣地は県有林。夏は涼しく、富士山や南アルプスを木の間から眺望する恵まれた環境。別荘生活について紹介された近隣オーナーの経験談がとても参考になったそうです。

時間がゆっくり流れるようにお風呂とウッドデッキは広く、窓からは外の自然を絵のように切り取る。 別荘に来たら別の世界があるように、という要望が随所に工夫されている。 設計の段階でBGMに有線放送を導入、ホームシアターの計画も盛込み、配線をすべて隠してある。
奥様のこだわりは、やはりキッチン。家相で火と水の場所が決められてしまったため、 念願のアイランドキッチンは実現出来なかったそうだが、お気に入りの対面カウンターと赤いサイドパネルが若々しさを醸し出している。
今の生活とこれまでの生活を振り返って感想をお聞きすると、奥様は「主人は今までジーンズなんか履いた事がなかったし、 シャツもズボンの中に入れていたのに、最近はシャツも外に出し、着る物も変わってきました」 一方ご主人は「両親や友人を呼んだり、家内が奥さん同士で泊まったりと、みんなに喜んでもらうことができました。
週末ここに来ることが決まっていると、仕事も頑張れるし気持ちにメリハリができます。 みんなこういう物が持てたらと思っているのだろうけど、なかなか踏み切れない人が多いのではないでしょうか。 買おうと思ったら一気に行かないとなかなか実現しない。
周りの人に相談すれば、その分旅行したほうが良いとか、反対の意見ばかり言われますが、旅行とは時間の流れが全く違います。 こういう時間の使い方がいい。こんな生活がしてみたかった」と、とても満足されたご様子でした。

ダイニング

ダイニングテーブルからは大きな窓ごしに四季の移り変わりを堪能する

リビング
別荘こだわりポイント

(この記事は2005年のインタビューです)

「八ヶ岳スタイル」とは?

セラヴィリゾート泉郷が発信する「快適な八ヶ岳ライフを実現するための地域情報誌」です!

八ヶ岳南麓(北杜市)で別荘・二地域居住・移住を叶えた方達の、そのプロセスや、現在の過ごし方などをお伝えするインタビューをはじめ、観光では気づきにくい地元情報やイベント・お店情報なども満載。 分譲地管理のページでは、豊かな自然の中ならではの困りごとの対処法や豊かな四季の暮らしを謳歌するために役立つ、多くのヒントをお届けしています。