ページ内を移動するためのリンクです。

八ヶ岳スタイルWEB。八ヶ岳・北杜市・山梨の別荘ライフは泉郷

暮らす人の声

あのまま横浜に居たら...。移住が変えた暮らしの全て ―谷元様の八ヶ岳暮らし―

あのまま横浜に居たら...。移住が変えた暮らしの全て ―谷元様の八ヶ岳暮らし―

エンジョイ八ヶ岳暮らし。定住3年目を迎えた谷元さんご夫妻

今年の5月で定住3年目を迎えた谷元さんご夫妻にお話を伺いました。 八ヶ岳に来る前は横浜の東戸塚で、それこそ駅から雨に濡れずにすむくらい便利な場所に住んでいたそうです。
「主人がリタイヤするのと同時に、便利な場所に住む必要がなくなり、もう少し静かな場所を探していたんです。 横須賀の戸建てを契約するところまでいったんですが、家に帰ったら住宅街のあの圧迫感に比べ、 マンションのベランダから広がる風景のほうがよほど良いのに気が付いて、やめてしまったこともありました」
当時、全くリゾートの考えはなく、ドライブがてら来たついでに分譲地を見学。 「こんな場所があったんだ」と、お二人ともいっぺんに考え方が変わってしまったのだそうだ。
「ここでの生活は住んでいる方同士、負担にならない程度の距離をおいてお付き合いできるのがいいですね。 年齢が近いこともあり、考え方や価値観、生きてきた経験など、みな似ているのでしょうか。 皆さん昔の肩書きをはずしてフィフティ・フィフティの人間関係をエンジョイしています」。

ご夫妻

谷元さんご夫妻と愛犬パド。営業担当の岩元係長は、頼りになる息子のよう、と営業冥利に尽きるお褒めをいただきました。

定住者はもちろん別荘の方も多く参加する「八ヶ岳歩こう会」「八ヶ岳自然倶楽部」「トレッキング倶楽部・北杜」など、 地元のさまざまな活動に参加するなど、お二人とも横浜時代とは全く違う生活を楽しんでいるそうだ。 営業を担当させていただいている岩元係長も「谷元さんご夫妻は今までやったことのないことにチャレンジされ、 今までと違う自分を発見し、来て良かったと言って頂ける。私たち営業から見ても理想の形」だと言う。
草木に興味を持つなんて思いもしなかったと言うご主人が、今では庭造りを担当。 一方、奥様は昔からの趣味を活かして10月には「北甲斐音楽祭」でベートーベンの第九をドイツ語で合唱。 さらに「小淵沢音楽祭」では作曲家池辺晋一郎氏の指導のもと合唱オペラ「ごんぎつね」にも出演が決まっている。
「本当に来て良かった。あのまま横浜にいたらこんな明るい生活はしていなかっただろう、といつも話しているんです。 見に来た時は『ゴルフ場も近くにあるし』なんて思っていましたが、一度も行こうと思わないし、 今では何であんな苦労をしてまで海外旅行してたんだろうと思うほど。
これまでの私たちでは考えられない幸せな時間を過ごしています。ここでは皆さんご主人が生き生きしているから、 奥さん達も安心して遊んでいられる」と生活の変わりぶりに、ご本人達もびっくりしているようでした。

別荘室内

すべて「和」のテイストにまとめられた谷元邸。大黒柱や照明器具は設計士と見て周り、探し出したもの 。

長火鉢

知人からいただいたと言う長火鉢や、陶芸作家、斎藤由妃子さんの作品が空間を彩る

庭

よく手入れされた南側のお庭

庭

隅にはナスやキュウリトマトや茗荷など10種類もの野菜も植えられている。土いじりはやったこともなかったと言うご主人が担当

(この記事は2005年のインタビューです)

「八ヶ岳スタイル」とは?

セラヴィリゾート泉郷が発信する「快適な八ヶ岳ライフを実現するための地域情報誌」です!

八ヶ岳南麓(北杜市)で別荘・二地域居住・移住を叶えた方達の、そのプロセスや、現在の過ごし方などをお伝えするインタビューをはじめ、観光では気づきにくい地元情報やイベント・お店情報なども満載。 分譲地管理のページでは、豊かな自然の中ならではの困りごとの対処法や豊かな四季の暮らしを謳歌するために役立つ、多くのヒントをお届けしています。