傾斜地に建つ物件だからこその魅力

みなさんこんにちは

セラヴィリゾート泉郷不動産商品企画部の尾崎です。

今回は販売中の物件から1件ご紹介します。

傾斜地に建つ物件、その魅力を感じていただけたらと思います。

NO.12-140065『木々の近さを楽しむ』【700万円】

https://www.resortlife.jp/list/detail/a0010000008NoDYAA0

まずは、物件の様子を動画でご覧ください。

1階ダイニング

1階キッチン

1階和室

地下和室

1階脱衣所

1階浴室

八ヶ岳エリアで最も広く、様々な地形に個性豊かな別荘が建ち並ぶ分譲地「泉郷Ⅰ期」。

その中でも傾斜地にありながらアプローチの短い今回の物件。

敷地面積は329㎡、建物57.55㎡、間取りは2DKあり、象徴的なバルコニーが特徴です。

そして今回はオススメポイントが3つあります。

ポイント1

傾斜地だからこその開放感

せっかく高原に拠点を持つなら、ガーデニングや家庭菜園を楽しんだり、巻き割り場や作業小屋を設けたくて平坦地や傾斜の緩やかな場所をお探しの方も多いかと思います。

しかし、こちらの物件は傾斜地だからこそ隣家との間に高低差が生まれ、東側に向かって視界が広がる為、開放感があります。

ダイニングのコーナー窓からは日光もよく入り、木々の上から景色を望むようにおすごしいただけます。

ダイニングのコーナー窓

ポイント2

地下からも外の景色を望むことができる

平坦地で地下室を作ると吹き抜けなどの空間を設けないと外の空気を感じることができませんが、傾斜地では高低差を利用することで、地下に降りてもそのまま外の景色を望むことができます。

こちらの物件も大きな窓の階段を降りて行きますと、ダイニングのようにコーナーに窓を設けた和室へと繋がります。

大きな窓のある階段

地下和室の窓から見た景色

ポイント3

各種リフォームを実施済み

建築後27年経過する今回の物件。

給湯器の交換や畳の表替え、ベランダの塗装や浴室・洗面所周りなどの各種リフォームを実施済みですので、あとはお客様のお好みに合わせてコーディネートするだけです。

もちろん更に内装や設備をリフォームしてより快適に、という場合もご相談ください。

弊社では不動産販売や建築だけでなく、リフォームのご相談も承っております。

是非、お気軽にお声掛けください。

▼泉郷のリフォームについてはこちら

http://www.resortlife.jp/kenchiku/reform/



いかがでしたでしょうか。

不動産物件は同じものが1つとして存在しません。

傾斜の急な場所、緩やかな場所、平坦な場所、森の中や田園地帯、賑やかな場所や建物の少ない場所など、多種多様な場所が泉郷には存在します。

きっとお気に入りの場所が見つかると思いますので、

「こんな暮らしがしたい」というご希望をお聞かせください。

スタッフ一同、誠心誠意お客様にベストなご提案をさせていただきます。



ではまた!

尾崎

――――――――――――――――――――――――

★Twitterのご紹介

八ヶ岳の日常やお天気、不動産情報などをツイートしてます。

https://twitter.com/izumigo_fudosan

★Facebookのご紹介

不動産情報、イベント情報などお知らせしております。

https://www.facebook.com/bessou.resortlife/