伊豆高原の別荘地の紹介

温暖な気候に恵まれ、1年を通してアクティブに楽しめる人気のリゾート

伊豆半島の東側、伊東市の中南部に位置する伊豆高原は、大室山の麓から城ヶ崎海岸の丘陵地を結ぶ海と高原、そして温泉をも楽しめる地域です。多くの宿泊施設や美術館・博物館やオシャレな飲食店や雑貨屋などが点在し、年間を通して活気に満ちたリゾート地として発展してきました。マリンスポーツや海の幸、花々の鑑賞など、年齢性別を問わず楽しめることから幅広い層に愛されています。

白い別荘が似合う『伊豆高原泉郷』

写真:伊豆高原泉郷

首都圏より約2時間。車でも電車でもアクセス可能

電車:JR伊豆急行線「伊豆高原」駅から車で約10分
車:東京方面からは小田原厚木道路石橋I.C.から約54km
 名古屋方面からは伊豆スカイライン天城高原I.C.から約8.5km

大室山高原の麓でアクティブに楽しむ

大室山の麓に広がる人気の別荘地『伊豆高原泉郷』は、ヤシやソテツが植えられ、白い別荘が建ち並ぶ、南国のよう。白亜のリゾートホテル「ホテルアンビエント伊豆高原」と共に、伊豆半島のレジャーの拠点として賑わいます。

別荘、移住、二地域居住にと柔軟に対応

都心からのアクセスの良さと、温暖な気候から通年通して住みやすい分譲エリアは、天気が良いと海側には伊豆大島を望めることからも人気です。背にする大室山の散策に始まり、果樹を取り入れたガーデニングや、地元食材で料理の腕を振るうなど、暖かな気候を味方にした豊かな生活が送れます。

充実した施設が別荘での生活をサポート

いつ訪れても、もうひとつの我が家として過ごせる泉郷。センター施設として機能するホテルアンビエント伊豆高原をはじめ、24時間対応のフロントや温泉露天風呂、和洋レストラン、エステなどのパブリック施設が充実し、別荘での生活をサポートしています。